top of page

介護施設における離職原因

更新日:2023年4月18日


介護施設における離職原因は職場の雰囲気が停滞しているから。イジメであったり理不尽な無理難題を経営者から押し付けられたり。そりゃもう酷いものです。現場ヒアリングしているだけで胸が悪くなりそうなくらいに。


イジメに関して解決方法はあります。イジメる人間はイジメられたことが少ない。あるいはイジメられる側になりたくないからひたすら対象者を仕立て上げてイジメるのです。だから施設内でもっとも権力のある経営者もしくは施設長が先頭に立って、イジメの首謀者をイジメれば問題は解決します。


人の痛みが分からない者には痛みを分け与えてください。場合によっては解雇します。躊躇なく解雇です。そうすると恐らくのちのち労働基準監督署から呼び出しがきます。そのときの備えは忘れずに。


 では理不尽な無理難題を押し付ける経営者に対してはどうすれば良いでしょう。

そりゃ一斉退職ですな。従業員から社長を動かすことは不可能。であれば自らの能力を提供しない=退職が正解です。


社長一人では何もできないことを自覚してもらってください。




最新記事

すべて表示

余剰人員の送り先

(+o+)日本生命が介護関連事業を丸ごと買い取ったそうです。保険会社本体の余剰人員(人減らし)の送り込み先として活用するのではないかと専らの噂。損保ジャパンと同様のスキームです。 このスキーム今に始まったことではなく、有料老人ホームの黎明期(30年くらい前)に大阪にあるガス会社も同様のスキームにより非主流派の社員を新規開設の有料老人ホームへ送り込んでいました。 彼らと会ったことがありますが、その実

学童保育と高齢者介護施設

学童保育の現場では定員160名のところへ200名以上の子供を収容しているそうです。近い将来、高齢者施設でも同じ事が発生するでしょう。市町村が定員オーバーを許容しているのです。おかしいですね。今現在、高齢者施設で定員オーバーなどすれば即座に許認可取り消しになる。 おかしな話です。>学童保育 ※学童一人あたりに必要なスペースは1.65平方メートル(参酌基準:強制力なし)

お金がない経営者へ

倒産寸前の老人ホームへコンサルを実施するとき、コンサルタント費用が捻出できない場合が多くあり、そのようなときには下記の制度を紹介しております。『中小企業119』と呼ばれています。 https://chusho119.go.jp/ 無料とはいきませんが実に格安でコンサルを実施してくれる国の制度です。ただ専門家(コンサルタント)を誰にするか指定はできません。優秀なコンサルが派遣されるかもしれませんし、

Comments


bottom of page