top of page

お金がない経営者へ

倒産寸前の老人ホームへコンサルを実施するとき、コンサルタント費用が捻出できない場合が多くあり、そのようなときには下記の制度を紹介しております。『中小企業119』と呼ばれています。


無料とはいきませんが実に格安でコンサルを実施してくれる国の制度です。ただ専門家(コンサルタント)を誰にするか指定はできません。優秀なコンサルが派遣されるかもしれませんし、そうでもない方が派遣されるかもしれません。(運の良い悪いも経営者の実力かも・・・)


ちなみに弊社に直接依頼されたときは「交通費のみ」です。他は請求致しません。本当です!

あ、そうそう、遠方の場合、余計に宿泊費1万円かかるかもです。😉

最新記事

すべて表示

余剰人員の送り先

(+o+)日本生命が介護関連事業を丸ごと買い取ったそうです。保険会社本体の余剰人員(人減らし)の送り込み先として活用するのではないかと専らの噂。損保ジャパンと同様のスキームです。 このスキーム今に始まったことではなく、有料老人ホームの黎明期(30年くらい前)に大阪にあるガス会社も同様のスキームにより非主流派の社員を新規開設の有料老人ホームへ送り込んでいました。 彼らと会ったことがありますが、その実

学童保育と高齢者介護施設

学童保育の現場では定員160名のところへ200名以上の子供を収容しているそうです。近い将来、高齢者施設でも同じ事が発生するでしょう。市町村が定員オーバーを許容しているのです。おかしいですね。今現在、高齢者施設で定員オーバーなどすれば即座に許認可取り消しになる。 おかしな話です。>学童保育 ※学童一人あたりに必要なスペースは1.65平方メートル(参酌基準:強制力なし)

介護ヘルパーのキャバクラ的賞与制度 その3

青天井の給与&賞与の源泉は入居金一時金と月額介護費用でした。現在の様に介護保険制度による一律支給ではなく、入居者一人一人との自由契約でしたから、高い費用を支払って十二分なサービスを受ける方もいれば、安くていいから必要最小限の介護サービス提供を希望する人と様々でした。 高額な費用を支払っている方々は、望まれるサービスの質は高く、スタッフも精鋭を集めてチーム化し、彼女らは一般HPの上長として「チーフ」

Comments


bottom of page